スパリゾートハワイアンズ・ブログ

ハワイアンズの最新情報やスタッフ日記などなど。

カテゴリ: 宿泊

ホテルハワイアンズ、
南1号館・東1号館の和室には
お風呂が付いています。
あまり知られていませんが
この内風呂では、温泉が楽しめるのです。

※南2号館の和洋室タイプは残念ながら
温泉ではありません

温泉は空気に触れると酸化が進み、
本来の泉質効果も薄くなると言われるように
温泉は鮮度が命です。

客室のお風呂では、
蛇口をひねって出てきたばかり
産声をあげたばかりの
非常に新鮮で高純度の天然温泉を

掛け流しで・・・

そして 独り占めできるのです。

ズバリ!
温泉による効果・効能
館内のどのお風呂よりも
深く堪能できるのはこの客室のお風呂です。

もちろん客室滞在中は
入り放題。

客室風呂1

 

 

←客室のお風呂です。

 

客室風呂2

 

←湯船に温泉をたっぷりはって、

温泉を骨の髄まで堪能!これからの季節たまりません。※イメージ画像です。

 

これこそ究極の贅沢
究極の湯治
です。

おおげさかもしれませんが、
このハワイアンズに
温泉を楽しみに起こしいただく以上は
この贅沢を味わっていただきたくて

今日のブログの題名を「究極の湯治」と名づけました。
次回お泊りになる際は是非この
天然温泉付きの客室で骨の髄まで贅沢な温泉を味わってみて下さい。

ご存知ですか?

ハワイアンズのホテルに泊まったお客様は、
ホテル内の施設だけでなく
スパリゾートハワイアンズのパーク内の
レストラン・売店でのお支払い分を
お部屋付けにして
ホテルチェックアウトの時にまとめて
できてしまいます。

例えば露天風呂「与市」の「そば処」にフラリと立ち寄り、
お風呂上りの1杯を楽しむ事も、
小腹が空いた時に、ちょっと売店でお菓子を買ったりする事も、
客室の鍵にての客室番号の確認と、お客様のサインで
スムーズに精算ができるのです。

これからホテルへのお泊りを予定されてるお客様へ
このシステムを是非活用して、
ハワイアンズの滞在をお楽しみ下さい。

 

 

ハワイアンズのパーク内にあるホテル「ウイルポート」。
客室内にもこだわりがあります。
そこで今日はウイルポート一般客室のインテリアや客室備品を
何点かチョイスしてご案内します。

[ベッド]
寝具・寝装品メーカーの西川の「むあつふとん」
を使用しています。
独自の凸凹の突起により、面ではなく点で体を支える構造のため、
皮膚に近い毛細血管を圧迫せず、血行を妨げにくく、
そのために体に負担のかからない、自然な快い眠りを得ることができます。

[ソファ]
イタリアで生まれたモダン高級家具のメーカー「arflex(アルフレックス)」のソファです。

[シャワー]
ウイルポートの客室には、バスタブのないシャワールームがあります。
使われているシャワーは、ヨーロッパ最大の水栓金具メーカー
ドイツの「GROHE(グローエ)」社のもの。
シンプルで且つモダンなデザインと上質な質感を一度味わってみては?

その他、ウイルポート客室の壁は、仕上げの際、接着剤を使用しておらず、
ホルムアルデヒドへの対策にも対応した作りになっています。

パークへのアクセス面以外にも
ウイルポートの魅力は沢山あります。
是非泊まって体験してみて下さいね。

おはようございます。
本日は早朝からウイルポートの取材をしてきました。

朝食:ラティオ4

朝食:ラティオ1

 

朝食バイキング
(11月3日の朝食です。)

 

当然パンやごはんはありますが

うれしいのは

朝食:ラティオ2

朝食:ラティオ3

 

 

 


↑この「おかゆ(山菜入り)」です。

(梅干も付けて)

朝、食欲が進まないという方には最適ですよね。

ちなみに私の盛り付けは

朝食:ラティオ5

朝食:ラティオ6

 

←こんな感じです。
(私は和食派です)

 

 

ウイルポートご宿泊予定の皆様
参考になりましたでしょうか?

 

そろそろお鍋が恋しい季節になりましたね。

みなさん、鮟鱇(アンコウ)を知っていますか?
12月から2月の冬の時期に旬を迎えるアンコウは
ハワイアンズのあるいわき市の隣、北茨城の名産品としても
有名で、「東の鮟鱇、西の河豚」と言われる関東の冬の味覚の代表です。

アンコウは捨てるところのほとんどない魚で
それぞれの部位−肝、とも(ヒレ)、ぬの(卵巣)、やなぎ(肉、ほほ肉)
水袋(胃)、エラ、皮は「アンコウの七つ道具」と呼ばれ、
どれも味も食感も違う為、様々な楽しみ方で味わえます。
代表的な調理方として鍋、から揚げ、あん肝、とも酢和え、
色々な調理法がありますが、
やはりこれからの季節はなんと言っても鍋でしょう。
アンコウ鍋






そこで、なんと!
12月よりホテルハワイアンズの夕食、和食膳のメニューにも
アンコウ鍋が登場いたします。
(宿泊日・料金プランによってアンコウ鍋がメニューにない場合が
あります。お問合せ時に確認下さい。)
ホテルハワイアンズオリジナルのピリ辛味のタレでいただく
冬の味覚アンコウ鍋。この機会に是非ご賞味下さい。
※写真はアンコウ鍋(1人用)イメージ写真です。

 
また、もっとアンコウを堪能したい!12月まで待てない!という方には
北茨城の「山海館」がオススメ。
本格的なアンコウ料理をお召し上がりいただけます。

↑このページのトップヘ