スパリゾートハワイアンズ・ブログ

ハワイアンズの最新情報やスタッフ日記などなど。

カテゴリ: 施設

こんにちは。ハワイアンズ・ブログをご覧頂きありがとうございます。

今日も快晴のハワイアンズより意外な?情報を皆様へお届けします。

 

今日みたいな天気の良い日は外でお昼寝していたい・・・
そんなふうに思わせるような陽気になって来ましたね。
さくら・さくら宿泊第2駐車場
さくらも見ごろになってきました。

宿泊第2駐車場の風景です。
(私のいる事務所から見えるんです。)
きれいだ〜ぁねぇ。

 


 

 

記念撮影はいかが?
ところで、ハワイアンズに来た時の記念撮影はどこでしてますか?
皆さんが撮影してるところって結構決まっているみたいなんですよね。

例えば宿泊のお客様ですと玄関前の
←ここの場所とか。

ハワイアンズの正面入場口とか。


結構、皆さん同じ場所が多いみたいです。



 


そこで、1つ提案なんですが。人とは違う場所で記念撮影してみてはどうでしょう?


 


お出迎え



例えば御宿泊の記念に


←ここなんてどうぉ?

あまり撮影してる人いないかもしれませんよ。


特にホテルハワイアンズ御宿泊のお客様にはピッタリ。(そう思っているのは私だけなんですけど・・・。)


記念撮影の場所は他にもたくさんあります。
いろいろ探して皆様だけの記念写真を残してみるのもいいかもしれませんね。


 


 

こんにちは。ハワイアンズ・ブログをご覧頂きありがとうございます。

日々温かくなってくるのは嬉しいのですが、花粉症の方には辛いですね。
(私も今年は怪しい・・昨日からくしゃみ鼻水がぁ〜。)

 

 

さて、本日はブログをご覧になっている皆様に”ハワイアンズで『有意義な時間』を過ごして欲しい”と思い「待ち時間を避けられる所」をご案内します。

つまり、「比較的待ち時間が少ない所」「空いている所」のご案内ですよ。

 

ロッカールーム

便利さを優先するなら入場口正面の階段を1つ上がった所 エントランス館:ロッカールーム階段
開園時間すぐであれば、移動にも便利なところで「エントランス館3階」のロッカールームがベスト。


着替えが終わったらプールへ直行できます。
帰りもここで着替えればすぐ退場できます。

 


どこも人でいっぱいの時は「スプリングパーク4階更衣室」が穴場。 

流れるプール:空中通路


まず、「スプリングパーク」を目指して流れるプールの上を通る「空中通路」を通過。


右手側の建物の中の通路(ハワイアンズの歴史が掲載されてます)を通り、いざ、「スプリングパーク」へ。


広場のようになっている所が「プラザ」と呼ばれるところで、そこの奥にあるエレベーターで4階へ。・・・・そこはもう「スプリングパーク」内、EVを下りると左右にロッカールームがあります。
ここは「スプリングパーク」や「パレオ」「温泉大浴場パレス」をメインに利用するのに最高です。そして、どんなに混雑していても比較的空いている度が高いのです。



   お食事は?
ラティオ料理2お昼時には何処も混雑!特に人気のバイキングレストラン「パーム」は大行列。

そんな時には・・・「ラティオ」がおすすめ。

なぜなら・・・期間限定営業のため現行のパンフレットに出ていないからです。11:30オープンですからその時間に入れば待ち時間無くお食事がお楽しみいただけます!しかも、ホテルウイルポートのレストランなので、ワンランク上の「レストランバイキング」が食べられます。(パームの料金に100円プラスするだけでレストランバイキングが!)



プールとスライダー24日スライダー
プールは、やはりショウー開催中が空いています。
もし「夜のショーを見るから」という方はお昼のショー開催時が狙い目です。


ちなみにお子様用の「わんぱくプール」もショー開催時が比較的空いております。


スライダーは開園してから1時間が勝負!
その後は、パレオやスプリングパークでゆっくりしてから、第二開戦18:00以降を狙って行動すべし。


混雑時でもスタッフに聞くと案外いい情報がゲットできるかも知れません。
(パークフロントの男性が有力な情報を持っている可能性が高いです。)
お気軽にお声掛け下さい。お待ちしてます。

スライダー無料開放!3月19日から開始している「全スライダー無料開放!」は、本日を含めて残すところ3日間となりました。

 

19日からの3連休に比べれば、館内はかなり空いていて思う存分すべることができるので、この3日間は、ねらい目ですよ〜。

 

 

対象は、ハワイアンズのスライダー全種類。 

ワンダーホルンワンダーホルンは、身体で滑る曲がりくねったスライダー。3つのコースがあります。
高低差15メートル・全長110メートルのワンダーコース。
高低差15メートル・全長120メートルのホルンコース。
初心者向けの高低差8.6メートル・全長54メートルのラッココースがあります。
※状況に応じて、コースは限られる場合があります。


 


 


 


ワンダーリバー滑り口ワンダーリバーは、専用の浮き輪に乗ってジャングルの激流下りの気分を感じさせる全長100メートルのスライダー。
高低差8.5メートルとは思えないほどのスリルがまた楽しく、途中に滝つぼ?もあって待ち合わせながらワイワイ滑るのに最適です。


 


ワンダーブラック最もスリルを味わえるワンダーブラック。
スタート台の高さは16.8メートル、高低差はなんと17.5メートル。
外光を遮断した暗〜いチューブの中を最高時速40キロメートルの速さで全長131メートルを滑り落ち、暗さと不安定感が体感速度をさらに増します。


※ワンダーブラックとワンダーリバーのご利用は身長120センチメートル以上の方のみとなります。

カメハメハ大王像ハワイ諸島を統一した「カメハメハ大王」像が、ハワイアンズの中にあるのをご存知ですか?


場所は、ウォーターパーク内にありますので、お越しの際は、是非探してみて下さい。


カメハメハ大王とは、カメハメハ一世のことで、ハワイ島の王だったカメハメハは、マウイ島、ラナイ島、モロカイ島、そして権力のもう一つの中心地であったオアフ島の順に次々と領土を広げ、ハワイ諸島を統一しました。

パパイヤトロピカルガーデンには、パパイヤもなっています。


パパイヤは、熱帯アメリカ原産のトロピカルフルーツの代表格です。
古くから、「メディカルフルーツ」、 「天使の果物」と呼ばれ、身体に良い食べ物として各地で重宝されていました。マヤのピラミッドの周りにパパイアが群生しており、食料や薬用に使ったと推察されています。


パパイヤの木また、未成熟のものは青パパイヤと呼ばれ沖縄では、「野菜」として食されているようです。
青パパイヤに豊富に含まれるパパイン酵素は、脂肪分解作用を有し、脂肪肝の緩和に役に立ったり、肝臓に余分な脂肪がたまるのを改善するという研究結果もあるようです。


しかし、熟したパパイヤにはこの酵素があまり含まれていないため、未成熟のパパイヤと熟したパパイヤでは、同じ効能は期待できないとされています。

↑このページのトップヘ