スパリゾートハワイアンズ・ブログ

ハワイアンズの最新情報やスタッフ日記などなど。

カテゴリ: 皆様の知りたい情報にお応えします!

アハ〜ン、じゃなくてアロハ〜!

ライター2号、さっそく取材に行って参りました。
マカミアなのかマカミアのなのか、この取材を機会に白黒はっきりつけますっ。
ブログの読者のためにも、そして日本とハワイの友好のためにも!

ハワイアンホースト配送センター場所はハワイチョコレートの大御所的存在「ハワイアンホースト」さん。 市川の配送センターにお邪魔させていただきました。
 この度、突然のオファーにもこころよく受けてくれたのは、営業部次長のN様。 外資系ということもあり、爽やかでダンディな方でした。(ちょおと、好きになってしまいそう…)

当社でも取り扱わせていただいているのに、こんな質問ですみません。

現在ハワイアンズ内ではマカ?ミアナッツなのかマカ?ミアナッツなのか意見が二分してるんですが…。 「マカダミア、マカデミアはどちらとも正解と言えます。」

えっ!?どういうことですか?

「Macadamiasの英語の発音の違いからダとデの違いが生じたと考えられます。
例えば、英語のHolidayはイギリスやアメリカではホリデイと発音しますが、オーストラリアではホリダイと発音します。」

ふむふむ、確かにオーストラリア英語はローマ字読みのような特有の訛りがあると聞いたことがあります。 「それと同じくMacadamiasもハワイではマカデイミアと発音し、オーストラリアではマカダミアと発音します。この発音の違いが日本語にしたときのダとデの違いではないかと思います。」

なるほど。ちなみにハワイアンホーストさんの場合は、商品がハワイの物なので日本語表記はマカデミアで統一しているそうです。
さらにお話をうかがうと、そもそもマカダミアナッツはオーストラリアで発見され、同国の科学者であるマカダム博士という人の名前からマカダミアナッツという名称が付いたという説があるとのこと。

でも、これでスッキリしました!私的結論!!
『オーストラリア原産のナッツを指す場合は、豪州に敬意を表しマカ“ダ”ミアナッツ。
Maid in Hawaiiの商品ナッツチョコレートを指すときはハワイに敬意を表して、マカ“デ”ミアナッツチョコレート。と表記するのがベストである!』

ちなみにアンケートの途中経過は、
マカダミア14票、マカデミア6票となっています。

取材も終わりそろそろ帰ろうとした矢先、N様より現在ハワイアンホーストさんではスタンダードなチョコレート味の他に、ホワイトチョコレートとダークチョコレートの2つの味も販売しているとの話が!
甘いものに目がない私のメラメラと燃え上がる欲望を察したのか、試食を進めて下さいました。えっいいんですか?

「ただし試食はどちらかひとつだけ!」
『マカダミアナッツ』でせっかく白黒はっきりつけたのに、ここでも白黒迷うことになるなんて・・・。
(うまいこと書いたつもりだろうが、オレは認めんぞライター2号…編集長談)

取材後確認したところ、ハワイアンズ内の「ショッピングパーク」では、ホワイトとダークの2つの味とも販売中とのこと。
N様、勉強不足でどうもすみません!
今度出張でハワイアンズに行ったら経費…じゃなくて自費で買って食べ比べようっと。
マカデミアナッツチョコレート
















【写真左】:マカデミアナッツチョコレート ホワイト 3.5オンス 9個入り
【写真中】:マカデミアナッツチョコレート TIKI 4オンス 8個入り
【写真右】:マカデミアナッツチョコレート ダーク 3.5オンス 9個入り
価格は3つ全て、920円(税込)です。

皆さんは、ホワイトかダークかどっちにするか迷ったら、両方とも買ってね!


By ライター2号

世の中、あいまいなことが多過ぎる。
たとえば、どっから「熟女」なんだ。
「熟女」は、何歳からなんだ?
誰が、「熟女」と決める?
んで、色っぽいのはみんな「熟女」なのか…。

そんなあいまいな世の中で、ハワイアンズに大論争が起こっているのが、
あるものの名前の事。
そう、ハワイやハワイアンズでお土産として人気のマカダ?ミアナッツ…。 
ん、ちょっと待てよ。マカデ?ミアナッツだっけ?これだって、あいまいじゃないか!
ブログが、せっかく新装開店だってのに、このありさまではいかん。

そこで、ハワイアンズ最大のショップ「ショッピングパーク」で調べてみた。

オーマイガーッ!
マカダミアマカデミアが混在しているではないか!
これでいいのか、ハワイアンズ!? はっきりせーや。


ということで、今度はハワイアンズのスタッフ総勢9名に大リサーチ!

(なんで、10名にしなかったライター1号よ…編集長談)

円グラフ

 

 

 

 

 

 

 


どうも、マカダミアが5議席?も獲得をしている。

やっぱりここは、ハワイのチョコレートといえばハワイアンホースト。
ハワイアンホーストの広報室に聞いてみよう。
きっと、ビューティフルな女性の広報担当者が教えてくれるに違いない。
(ハ、ハワイの女性かも知れんぞ、アロハ〜)
甘いものに目がないライター2号、聞いてみてくれっ!

ところで、みなさんは、ふだん、どちらをお使いでしょうか?
参考までに、こちらから投票をお願いします。

マカダミアナッツ専用殻割り機

 

 

 

 

 

 

 

殻つきマカダミアナッツ
上の画像は、マカダミアナッツ専用殻割り機
1,050円
なかなか入手しにくい物らしく、ハワイアンズで売っているとテレビでも紹介されました。

殻つきマカダミアナッツ
200g 600円
500g 1,200円

 

 

 

 

By ライター1号

食物アレルギーを持っていると

おでかけ、特に外食には気を使いますよね。

ハワイアンズのバイキングレストランでは

アレルギー物質の表記をしています。

パーム

 

 

 

 

この写真はバイキングレストラン「パーム」

ポリネシアンショーが行われるビーチシアターの近くにある人気のレストランです。

この「パーム」では、各料理の所に、料理名とアレルギー物質7品目の

表記をしております。

バイキング以外では、アレルゲンフリーのお子様用カレーを

アミューズメント館2階の休憩所売店と、スプリングパークプラザの

カウカウにて販売しています。

※付け合わせの福神漬けはアレルゲンフリーではありませんので

ご注文の際は除くよう申しつけ下さいませ。

他にも心配な事がありましたら、お問い合わせくださいませ。

 

オハナショップ プール用オムツの販売について、よくご質問を頂きますので、ご案内します。

ワイワイオハナにあるオハナショップ、ウォーターパークフロントにて、プール用オムツの販売をしています。
価格は、3枚入りで630円です。

天使の水場

尚、プール用オムツのご利用は、水深10cmのベビープール「天使の水場」のみとさせて頂いております。

 

 

授乳ルームオムツ替えスペース

また、ワイワイオハナには、授乳室やオムツ替えスペースをご用意していますので、乳児のお子様をお連れのお子様でも安心してお遊び頂けます。

メールやお電話でのご質問で、「ハワイアンズの前売券は、販売していますか?」というお問い合わせを頂いておりますが、ご案内を公式ホームページに掲載しました。

ハワイアンズでの直接の販売はございませんが、コンビニエンスストアの店頭端末やチケットぴあ、JTBのWEB、JR東日本の主なみどりの窓口・びゅうプラザなどで、スパリゾートハワイアンズ前売入場券をお求め頂けます。
主要販売先については、こちらのページをご参照下さいませ。

↑このページのトップヘ