スパリゾートハワイアンズの、フラガール(正式名称:スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム)キャプテンであり、ソロダンサーとして活躍してきたアウリイ晴奈が、2020年12月27日(日)のステージをもちまして引退することとなりましたので、お知らせ申し上げます。

 アウリイ晴奈は、福島県いわき市出身。東日本大震災後の2011年4月に常磐音楽舞踊学院に47期生として入学。
震災の影響による施設の休館などを経験し、例年より3カ月遅れてステージデビューを果たしました。
 その後、2016年にチームのサブキャプテン、2017年にはソロダンサーならびにキャプテンに就任。
就任後は、全国の災害被災地への慰問キャラバン、そして本年の新型コロナウイルス感染拡大に伴う当社施設の休館中には、ダンスレッスンもままならない状況下、約40人のメンバーをまとめつつ、医療従事者への応援や感染予防の啓発活動など、ダンシングチームの顔として、ステージ以外でも、全国の皆様に笑顔と元気を届ける活動をしてきました。

■ラストステージ
2020年12月27日(日)ポリネシアン・グランドステージ

アウリイ晴奈昼ショー

アウリイ晴奈からのコメント
「ALOHA🤙🏻
いつも応援していただきありがとうございます。

この度、12月27日(日)をラストステージとして引退することとなりました。
デビューをしてから、多くの皆様に応援していただき支えていただいたこの9年間はかけがえのない経験ができた、とても幸せな日々でした。
残り2ヶ月… 皆様との1日1日を大切に、胸に刻みながら過ごしていきます。

なかなか思うように生活ができず、不安な気持ちが残る毎日ですが…
また、皆様にお会いできることを心待にしております🌺

MAHALO♡  

アウリイ晴奈」