8月5日(水)の夜のポリネシアンショーで、第49期生・加藤咲樹がキアヌ咲樹として、ソロデビューをしました。

ソロダンス「タネイムア」で、映画「フラガール」でもお馴染みの衣装で登場し。タヒチアンダンス「オテア」とエンディングの「フラガール 〜虹を〜」まで堂々とソロの初舞台を務めました。


01
02
03
04

公演後のキアヌ咲樹のコメント
「足の怪我もあり一時はダンスを諦めかけましたが、家族の支えとお客様の応援のおかげで、夢であるソロダンサーになることができました。とても嬉しく、感謝しています。
これからも皆様に笑顔と元気をお届けできるよう、さらに魅力あるダンサーになっていきたいと思います。
今後もよろしくお願いいたします。」