明日21日(土)よりスタートするイベント「真冬の昆虫採集」。
本日、いわき市内10か所の幼稚園・保育園を対象にした、プレイベントを開催しました。
その様子とともに、これを見れば、一層楽しめる、イベントの魅力をレポートします。

会場は、流れるアクアリウムプール上部の橋を渡った先にあります。
イベントエリアの外観がこちら
外観


天井は、葉っぱのオブジェでおおわれており、ハワイアンズの温かさ(館内28度)も相まって、夏の雑木林で昆虫採集しているかのよう。
天井

イベントは「見る」「触る」「学ぶ」の3つの体験ができるようになっており、
「見る」エリアでは、世界各国のカブトムシ、クワガタを展示しています。
エリア

「触る」エリアでは、オオクワガタ、ヘラクレスオオカブト、そしてカブトムシの幼虫を直接触ることができます。
パネルの写真は、茨城県にある「花貫渓谷」の写真を加工し、使用しています。
細部までこだわっています。
触る

こんな近くで写真も撮れます。
ヘラクレスアップ

掌に乗っているのがアクティオンゾウカブトの幼虫。本当に大きいです。
幼虫

そして「学ぶ」エリアでは、大人も思わず「へぇ〜」とうなるような、トリビアが用意されています。
トリビアには、わざと「ルビ」を振っていないため、お父さんお母さんが知っているかのように、子供たちにトリビアを紹介し、子供たちから羨望のまなざしで見られることもできます。
学び

会場には世界地図もあり、昆虫の産地を大人が子供に教えている場面も見受けられました。
子供だけでなく、大人も一緒に学び楽しめるようになっています。
世界地図

さらに、激レアカブトムシ、クワガタの販売も行っています。
スタッフオリジナル飼育ブックもついており、安心して飼育できます。
幼虫の販売もあり、順調に育つと今年の夏に孵化するようになっています。
販売

年中常夏だからこそできる、ハワイアンズの「真冬の昆虫採集」。
大人も子供も家族で「見て」「触って」「学べる」イベントです。
イベント期間は、12月21日(土)から2020年1月13日(月・祝)まで。
皆様のご来館、お待ちしております!