東洋一の鍾乳石
「8000万年の神秘的空間「あぶくま洞」と歴史と伝統工芸の里を訪ねる旅」

あぶくま鍾乳洞はおよそ8,000万年という歳月をかけて創られた地底の空間 幻想的な世界が広がる鍾乳洞です。

この地域一帯は阿武隈高地と呼ばれる高原地帯であり、中央に位置する大滝根山の西側斜面には仙台平(せんだいひら)と呼ばれるカルスト台地が広がっています。
この地域の石灰岩採石場から昭和44年9月に発見され昭和48年6月に観光鍾乳洞としてオープンしました。
全長約600m、大きく三層に分けられ洞内の気温は平均15℃に保たれています。最大の見学ポイントは「滝根御殿」で洞内に広い空間があり高さ25m程で、ここでしか見る事の出来ない貴重な鍾乳石を間近で観賞できます。
あぶくま洞

≪詳細・お問合せ≫
http://www.hawaiians.co.jp/guide/optional/opt09.html

ハワイアンズご宿泊者様用  オプショナルツアー四季旅物語のご案内
http://www.hawaiians.co.jp/guide/optional/index.html

ハワイアンズご宿泊者様用 レンタカー/ 1タイム・タクシーご御案内
http://www.hawaiians.co.jp/guide/sc/index.html