キネマ旬報2006年公開の映画を対象とした第80回キネマ旬報ベストテンが9日に発表され、日本映画の1位に「フラガール」が選ばれました。
また、助演女優賞には蒼井優さんが選ばれました。

 


数々の映画賞の受賞は、フラガールを応援して下さった皆様のおかげだと思います。

キネマ旬報ベストテンは今回で80回を迎えた世界的にみても非常に歴史の長い映画賞で、米国アカデミー賞より1回多い映画賞です。
キネマ旬報ベストテンにつきましては、こちらをご参照下さい。

関連記事
日刊スポーツ産経新聞日本経済新聞